リノベーション工事数日本一、株式会社ワーキングスタイル

TEL : 042-655-8377

スタッフインタビュー

【スタッフインタビュー】塗装断熱部部長・窪「快適な暮らしに無くてはならない仕事」

こんにちは、八王子市を拠点に建設業を請け負っているワーキングスタイルです。

 

弊社では現在スタッフを募集しています。

 

「実際どんな仕事をするの?」
「未経験だから不安…」
「職場の雰囲気は?」

 

そんな皆様の疑問にお答えすべく、弊社で活躍中の社員にインタビューを行う当企画。
今回は塗装断熱部部長の窪に話を聞きました。

 

ウレタン吹き付けは職人の中でもあまり目立たない業種かもしれませんが、弊社には大手企業様からこぞって施工のご相談をいただいています。部長の目から見たウレタン吹き付けの仕事の魅力や、ワーキングスタイルならではのやりがいに迫ります。

 


 
柔軟なサービス精神で顧客満足度100%を目指す

インタビュアー(以下、イ):ウレタン吹き付け塗装の役割は何ですか? 

 

窪:ウレタン吹き付け塗装には、建物の外からの熱を遮断する大切な役割があります。これが無いと冬は寒く、夏は暑くなってしまいます。冬の冷たい風や真夏の外気を遮熱し、部屋を一定の温度に保つ効果があるので、省エネ住宅 などの現場も多く施行しています。

 

イ:ワーキングスタイルの施工のこだわりはどんなところですか?

 

窪:私たちは工務店さんからの指示で施工を進めるのですが、現場によってはケースバイケースで状況が変わってくるんですね。施主様から「もう少しやって欲しい」と頼まれたり、工務店さんからの指示とは違うご要望を受けることもあるんです。そういった時に、現場での細かいご要望にもなるべく対応させていただくサービス精神が弊社のこだわりです。顧客満足度100%を目指しています。


暮らしの質を高める重要な仕事

 イ:ウレタン吹き付け塗装の仕事の魅力は何ですか?

 

窪:ウレタン吹き付け塗装には、外からの熱を防ぐという役割の他にもう一つ、騒音を軽減するという大きな役割があるんです。遮音効果もあるというのは、実はあまり知られていないんですよ。重要な役割のある仕事なので、生活される人の役に立っているという実感があります。現場を引き渡した後に、施主様から喜びの声が届くと嬉しいですね。工務店さんや営業さんを通しての時もありますし、直接お言葉をいただくこともあります。

 

 イ:窪さんの経歴を教えてください。 

 

窪:ウレタン吹き付け塗装の仕事は、ワーキングスタイルでは2年目になります。もともとは元請け会社で7年働いていたのですが、八王子営業所が無くなって「引っ越しするか地元に帰るか」という選択をしなければならなくなった時に、「うちに来なよ」と誘ってもらったんです。私が欲しかったのかもしれないですね(笑)。ヘッドハンティングされました。この仕事は簡単そうに見えて難しいんです。最初に「壁の中に泡を入れ込む仕事です」と説明があって、「簡単そうだな」と思ったんですが(笑)。 

 

イ:今後、塗装断熱部として拡げていきたいことは何ですか?

 

窪:今後は自分と同じことのできるスタッフを増やしていきたいですね。自慢になってしまうかもしれないのですが、都心部の高層マンションや密集している住宅など、狭いところでの作業もできるスキルが私にはあるんです。場所を選ばないので、新築からリフォームまで幅広く何でも対応できます。塗装断熱部には現在、ワーキングスタイル2名、協力会社3名の計5名が在籍していますが、そういうスキルのあるスタッフを増やしたいと思っています。

 

仕事は楽しくしてなんぼ!まずは気軽に飛び込んで

イ:どんな方に入社して欲しいですか? 

 

窪:どうしてもガテン系、職人系の仕事は「きつい」「大変そう」というイメージを持たれがちだと思います。現場で先輩から怒鳴られるんじゃないかとか。でもワーキングスタイルは「仕事は楽しくしてなんぼ」という雰囲気があるので、「楽しく働きたいな」と思っている方は合っていると思います。あんまり考え過ぎないタイプの、ポジティブな方がいいですね(笑)。

 

 イ:最後に、ウレタン吹き付け職人の仕事にご興味のある方へ、一言メッセージをお願いします! 

 

窪:あまり聞き馴染みのない仕事だと思いますが、教わっていくうちにやれることがどんどん増えていきます。覚えてしまえば早いですし、自分でできるようになるやりがいや楽しみがあります。未経験の方も歓迎していますので、まずは気軽に飛び込んで来てください!

 

 

 

ワーキングスタイルでは現在スタッフを募集しています。女性や未経験の方も歓迎しています。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください!