リノベーション工事数日本一、株式会社ワーキングスタイル

TEL : 042-655-8377

「大丈夫?できる?」先輩の言葉で、飛び込んでいける。

ワーキングスタイルで働くみなさんに、仕事への目標、やりがいについて聞く「スタッフインタビュー」。

今回は2017年春に入社した、田中さん(19)にお話を伺いました。

 

 

 
■入社のきっかけを教えてください
 
元々体を動かすのが好きで、力仕事をしたいなと思っているところに紹介してもらったことがきっかけです。

高校を卒業した今も柔道をやっていて(黒帯!)、同じ道場の人がうちの社長と知り合いだったんです。建設系の仕事だってことですぐに面接してもらいました。
 
 
■面接での印象はどうでしたか?
 
最初は「山の上の会社だなぁ」と思いました。「帰り暗いなぁ」とか。(一同笑)

社長に面接してもらった時は、まず「何がやりたい?」って聞かれました。

優しかったですね。給料いくらですかとかそういう質問しても普通に答えてくれました。

あと覚えてることは、現場から会社に戻ってきた人達が疲れてるのか疲れてないのかわからないですけどみんな笑ってて笑顔だったことです。
 
 
■他に就職候補のお仕事はあったのですか?
 
叔父さんが配送の仕事をやっていて、自分も運転が好きだし物運ぶのも力使うのでそれもいいなと思ったんですけど、同級生とかが塗装とか足場組んで屋根の上乗ってたりしてるのを見てかっこいいなと思ったんですよね。服装も好きで、「派手なの着たいなぁ」って。赤とか青とか。

でもまだ入社したばっかりなので、お母さんの勧めで目立たない黒の作業服を選びました。(笑)
 
 
■就職を決めるときは、誰かに相談しましたか?
 
いや、全く。紹介されてすぐに決めたので。
 
 

 
 
他の同級生は友達に相談したりとかあったのかもしれないですけど、あんまり周りは気にしなかったです。
 
 
■入社時、不安はありませんでしたか?
 
ちょっと不安はあったけど、その前からアルバイトさせてもらってたので環境には少し慣れてました。

ガソリンスタンドのバイトを辞めた頃で、道場の人(会社を紹介してくれた人)が僕が暇してると思ったのか、「こいつ使ってやってください」って社長に言ってくれました。(笑)
 
 
■ワーキングスタイルは働きやすい会社ですか?
 
メリハリがあって好きです。
 
仕事中は怒られることもあるけど、休憩になったら忘れてるのかわかんないですけど全然気にしてないっていうか。例えば使う道具間違えて持っていって「違うよ!」って言われても休憩中に「これ何でしたっけ?」って普通に喋れるし、教えてもらえるのでそれ位の方が覚えられていいかも。(笑)

僕は一番年下ですけど先輩方はみんな優しくしてくれて、くだらないことも話せます。
 
 
■先輩に言われたことで心に残ってる言葉はありますか?
 
言葉・・・。う~ん・・・。

「大丈夫?できる?」っていつも聞いてくれることかなぁ。

できない時は一緒に教えながらやってくれるし、「自分できないっす」って言っても「練習して失敗しないと覚えないからどんどんやったほうが良いよ」って。

やったことなくても、「ちょっとやらせてください!」って言うと休憩中に試しにチャレンジさせてくれたり、失敗しても先輩が直してくれるから何でも飛び込んでいけます。頼れる先輩方がいます。
 
 
■入社してから半年で、自分に変化はありましたか?
 
う〜ん。

あ、でも周りの人から優しくなったって言われます。

今まではちょっと気に食わないことがあると、すぐイライラを表に出してたんですけど、言わなくなりました。前よりは穏やかになったんですかね。

あと、もらった給料で家族を食事に連れて行ってあげたりするのが楽しいです。この前もお兄ちゃんが誕生日だったんで欲しいって言ってた携帯のケースあげたんですけど、自分の誕生日のとき何もなかった…。(一同笑)
 
 
■最後に、今後の目標があれば教えてください。
 
将来、希望してる足場の部署に行けたら、高い所まで組めるようになりたいです。

ビルとか、普通の人じゃ行けないところに行きたい。

窓とかもなくて、何もないビルの上から外の景色眺めてみたいですね。

それってこの仕事だからできることだと思うので。そうやって関わった建物とか自慢したいです。
 
 

 
 
ー ありがとうございました! ー