リノベーション工事数日本一、株式会社ワーキングスタイル

TEL : 042-655-8377

一人親方が独立するメリット・デメリットを解説!会社に所属して活躍できる理由は?

東京都八王子市の建築施工会社・ワーキングスタイルです。塗装断熱・仮設重量・電気通信・機械設置・解体など、一人が多様な技能を持つ職人が集まる会社です。

 

最近は、一人親方として独立して働くのではなく、建設会社に所属して組織の中で働くことを選ぶ職人も増えています。ワーキングスタイルにも、元一人親方の強みを発揮して活躍している職人がいます。

 

一方、「安定」を求めて就職した一人親方のなかには、「自由」を求めて結局会社を辞めてしまう職人も少なくありません。

 

ワーキングスタイルでは、一人親方や建設業界で培った経験を活かした働き方ができます。

一人親方として働いていて不安を感じている人、独立しようかどうか悩んでいる人に向けて、一人親方として会社に属するという働き方について解説していきます。

 

一人親方という働き方

 

一人親方とは、人を雇わないで事業を行う働き方を指します。

親方という響きから、建設業のイメージを持たれる方も多いのですが、あくまで事業を行うスタイルのことを指すので、業種や職種には関連しません。

 

一人親方のメリット

・同僚や上司がいないので、気を使う必要がない(現場のスケジュールもある程度自由です。)

・雇われよりも単価が高い(会社と違って経費がかからないことや、取引を直接行うので、単価が上がります)

・受ける仕事を選ぶことができる(雇われていると決定権はありませんが、一人親方になると自分で選ぶことができます。)

 

一人親方のデメリット

・独立をしても、次のステップまでに時間がかかる

・一ヵ月に行うことのできる仕事に限度がある

・大手との直接取引ができない

・一人親方は孤独なので、体調管理が必須(自分で現場を行うことが大前提なので、作業が行えないと収入がなくなってしまいます。)

・社会保険や税金のシステムが複雑(確定申告を行う必要があり、社会保険への加入も必要。また、2023年より導入されるインボイス制度は個人事業者へ大打撃となる恐れも。)

 

ワーキングスタイルでの働き方

ここまでで、一人親方として働くことのメリットやデメリットを解説しましたが、独立はかなりリスクがあります。

 

ワーキングスタイルでは幅広く工事を取り扱っていますので、多くの経験を積むことが可能です。

 

もともと一人親方として働いていた方は、専門職でありながら全体の流れをつかむ多能工のような知見を持ち合わせているので、円滑な現場の進行が可能になります。

 

一つを極める従来型から、多くのことができる次世代型へ

これまでの職人の在り方は、 「一つの業(わざ)を一生かけて突き詰める」という考え方が主流でした。 もちろん、その考え方はこれからもあり続けますし、否定するつもりはありません。

ですが、国内では人口減とともに、収縮していく建設業界において重宝される人材像とは、 「いくつもの業務を横断的にできる職人」であると考えています。

 

多能工としての働き方

多能工とは、書いて字のごとく一人で複数の業務や作業を行う作業者・職人のことです。一人が複数の技能や技術を持っているので「マルチスキル」などとも呼ばれます。

 

反対に単一の作業を受け持つ作業者・職人のことを「単能工(単一工)」と呼び、こちらは見方を変えれば、定められた仕事に対してのスペシャリストとも言えます。

 

もともと単能工の方が一般的で、今でも多くの業種で単能工が残っています。しかし近年は、さまざまな状況やニーズに合わせてマルチスキルをいかすことができる「多能工」がより求められるようになってきています。

 

 

専門にとらわれずに働く

例えば、一人親方を抱えている会社の場合、水道、電気、大工仕事などをそれぞれ信頼できる一人親方に頼むことになります。

 

こうすると各工程のプロフェッショナルに作業をお任せすることになるので一見良さそうですが、施工の責任がそれぞれの職人に発生します。するとお客様は施工を進めるにあたってそれぞれの職人と会ってお話をする必要があり、かなり手間になります。

 

ワーキングスタイルでは、さまざまな技能を持つ職人が多数在籍しているので、連携して大きな仕事ができます。

 

また、慣れてきて一貫して作業ができるようになれば、一つの現場に長く関わることができるので、移動時間の短縮にもなりますし、環境がコロコロ変わる心配もありません。

 

そのような働き方が評価されて、いただく案件も非常に多くなりました。

 

さらに、当社では、困っている現場があれば、専門外の社員もサポートに向かいます。社員間で「困ったときはお互い様」の文化が共有されているのです。

 

この文化はごくごく自然に育まれてきました。「自分も助けてもらえるから」という損得勘定よりも「自分たちの会社をより良くしたい」という気持ちから滲み出る行動と、それに対する感謝の気持ちが当社のなかで積み重ねられてきました。

 

仲間に気を配る働き方は、一人親方を続けてきた人にとっては窮屈だというイメージがあるのではないでしょうか?ただ、一人親方として働くなかには自分だけで何とかしてやり抜かなければならないような、また別の窮屈さがあったはずです。

 

会社に所属して働くことには、一人ではできないことを成し遂げるダイナミックさがあります。

 

「自分だけではできないような仕事にもチャレンジしてみたい」

 

そんな気持ちが、一人親方として働くなかで芽生えたことがあるのなら、協力関係が自然と育まれてきたワーキングスタイルに活躍のチャンスがあります。

 

ワーキングスタイルで一緒に働きませんか?

ワーキングスタイルでは、新たな働き方にチャレンジする一人親方や経験者を大歓迎します。

「一人親方が業界内で減少していることに不安を持っている」

「なにか漠然とした不安を持っている」

「もっと大きな仕事に関わりたい」

 

そんな方を大募集しています。

 

ワーキングスタイルでは、全てを受けることが難しいくらい多くの案件が常時あります。

 

さまざまな技術を持った職人=多能工が複数在籍していますが、会社としてはまだまだ成長途中の若い会社です。

 

一人親方や職人の経験があるあなたの力を貸してください。

あなたの経験を必要としている会社がここにあります。

 

社長の堂垣は「やりたいことはどんどん言ってほしい。必要なら事業部も作る」と語っています。

 

ワーキングスタイルには現在、6つの事業部がありますが、これらは社員の希望によって幅を広げてきたものです。新しく働く皆さんの才能で、一緒にワーキングスタイルを大きくしていきたいと考えております。

 

仕事で得られるのは給料だけではありません。自分を高められることも仕事の報酬です。ワーキングスタイルで働くことを通じて、金銭的にも精神面でも充実した人生を送ってみませんか?皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

 

 

ワーキングスタイルで働きたい方を応援

現在は、新型コロナウイルスの影響もあり非常に不安定な世の中ですよね。

ワーキングスタイルでは、働く人を応援するために、期間限定ですがワーキングスタイルに入社が決まり、引っ越しが必要な方には期間限定で『引っ越しお祝い金』をお渡ししています。引っ越し祝い金はなんとの10万円!家具や家電を買うことができる大金ですね。他にも、引っ越しに関することで不安がありましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

条件:

ワーキングスタイルで働くために引っ越しをした方

コロナがきっかけで転職をした方(自己申告)

期限:

2021年7月13日〜8月末日